トイレのつまりには

トイレのつまりで業者選びをする場合には、まず無料相談をすると良いでしょう。ほとんどの業者が無料見積が可能ですので、確認の上連絡をとってみてください。格安と広告をしていても、出張費がとられる場合がありますので、しっかりと確認が必要です。

業者選びのポイントとしては、事前の説明と同じ内容の見積り提示がある、見積りの後に追加料金が発生しないことが明記されている、曖昧な部分がない等費用面での確認はもちろんですが、見積りの際の説明内容や雰囲気、プロとしてしっかり対応してもらえるかどうかの判断をするようにしましょう。最初に曖昧な部分があると、後にトラブルが発生する可能性もありますので、不安や疑問に思うことは全て最初にきちんと説明を受けるようにしましょう。

トイレのつまりは誰にとってもストレスとなります。まずはトイレに流してはいけないものや大量にトイレットペーパーを流す等の負荷をかける行為は避けるようにしましょう。生理用品やおむつ等もつまりの原因になりやすく、十分に注意が必要です。また、流せるタイプのトイレクリーナーでも沢山流せばつまりとなってしまいます。トイレはゴミ箱ではありませんので、しっかりと認識して使うようにしましょう。


トイレトラブル色々

その他のトイレトラブルとしては、手洗いの水が止まらない、水が流れてこない、タンクに水が貯まらない、給水管・止水栓から水漏れする、便器とタンクの間、または便器と床の間から水漏れする、ウォシュレットの水漏れ、部品の劣化によるトラブル等様々です。トイレのつまり以外になると、ほとんどの方がお手上げになってしまうのが現状ですので、やはりここはプロに任せることが最適な方法と言えるでしょう。

トイレのつまりに関しては、つまる前に流れが悪くなる、ゴポゴポ音がする、ティッシュの流れ残りがある等前兆がある場合がありますので、普段使用している時に何かおかしいと違和感を少しでも感じた時には、早期に解決するようにしましょう。そうすることによって、結果単純作業だけで済み、費用が抑えられる可能性もあります。流れの悪さに気付きながら、流れているからまだ大丈夫だろうと安心していると、いざつまった時にはかなりつまりが進行している場合があります。トイレは毎日使うものですので、トラブルが起こると緊急性を伴います。日頃無茶な使い方をしていない場合でも、年月がたてばどうしてもつまりは発生しますので、できるだけ早め早めの処置を心がけるようにしましょう。


水回りトラブル色々

水回りのトラブルの中で、トイレトラブルが特に頻繁に起こるトラブルです。トラブル内容としては、トイレのつまり、水漏れや水が止まらない、タンク内の部品の破損、便座や便器の破損等が挙げられます。トイレのつまりはたいていのご家庭でも頻繁に起こりうるトラブルですので、ラバーカップ(スッポン)を準備されているご家庭も多いことでしょう。

トイレのつまりにおいて、ラバーカップを使用してつまりの原因を吸い込む方法があります。または、バケツにお水を入れて、勢いよく便器に流し入れ、その勢いでつまりの原因を押し流す方法や、お湯、あるいはお湯に重曹を加えたものを便器に流し入れてそのまましばらく置き、つまり原因が溶けるのを待つという方法です。大きくその3種類がトイレのつまり解消の為にされる対処法です。または、ワイヤー等を利用される方も中にはおられますが、かなり上級者向けとなりますので、流れないと言って無理をすると、つまりの状態が悪化してひどくなり、水が溢れてしまう事態や、結果として大掛かりな工事が必要になってしまう可能性もあります。そうなるとご自身だけではなく、隣近所にも迷惑をかけることもありますので、無理だと判断した場合は、すぐに水回りのプロに相談するようにしましょう。


水回りトラブル対処法

水回りのトラブルは現代の生活環境において様々な事例が挙げられます。家庭であればキッチンやトイレ、お風呂や洗面台、屋外水栓等、飲食店や会社、工場であれば、厨房、トイレ、工場内の配管関係等、日々トラブルが発生しています。

水回りのトラブルで一番問合せが多いとされるのは、トイレトラブルです。トイレと一口に言っても、和洋式、小便器、手洗い付き、ハイタンク、フラッシュバルブ、ウォシュレット等も加わると、沢山の仕様があり、ますます複雑化していますので、トラブル対応も素人では解決できないことも多くあります。そんな時は迅速に水回りのプロに任せることが早期解決のポイントになります。

ご自身で修理できれば費用もかからずすぐに使えるようになりますので一番良いのですが、トラブル内容によっては、事態を悪化させる場合もありますので、自己流の判断は禁物です。ただし、トイレトラブルの中でも、トイレのつまりで原因がわかっている場合等は、ラバーカップ等、家にあるもので解消できる可能性もあります。通常、トイレのつまりが発生した際には、まずこのラバーカップを試す方がほとんどではないでしょうか。すぐにつまりが解消されて水が流れるようになれば良いのですが、3~5分過ぎても変化がない、あるいは悪化している場合はすぐに処置をやめて、水回り業者に相談されることをお勧めします。長く使い過ぎると、逆に狭い水路の方へつまりのもとを追いやってしまう可能性がある為です。では、トイレつまりの処置について説明します。