水回りトラブル対処法

水回りのトラブルは現代の生活環境において様々な事例が挙げられます。家庭であればキッチンやトイレ、お風呂や洗面台、屋外水栓等、飲食店や会社、工場であれば、厨房、トイレ、工場内の配管関係等、日々トラブルが発生しています。

水回りのトラブルで一番問合せが多いとされるのは、トイレトラブルです。トイレと一口に言っても、和洋式、小便器、手洗い付き、ハイタンク、フラッシュバルブ、ウォシュレット等も加わると、沢山の仕様があり、ますます複雑化していますので、トラブル対応も素人では解決できないことも多くあります。そんな時は迅速に水回りのプロに任せることが早期解決のポイントになります。

ご自身で修理できれば費用もかからずすぐに使えるようになりますので一番良いのですが、トラブル内容によっては、事態を悪化させる場合もありますので、自己流の判断は禁物です。ただし、トイレトラブルの中でも、トイレのつまりで原因がわかっている場合等は、ラバーカップ等、家にあるもので解消できる可能性もあります。通常、トイレのつまりが発生した際には、まずこのラバーカップを試す方がほとんどではないでしょうか。すぐにつまりが解消されて水が流れるようになれば良いのですが、3~5分過ぎても変化がない、あるいは悪化している場合はすぐに処置をやめて、水回り業者に相談されることをお勧めします。長く使い過ぎると、逆に狭い水路の方へつまりのもとを追いやってしまう可能性がある為です。では、トイレつまりの処置について説明します。